難民のことと問題について勉強していました

難民について勉強しました。人種・民族問題などにより、世界には多くの難民が苦しい生活を送っています。祖国を追われて隣国や他国に避難する難民が戦争や紛争が起こるたびに増加しているそうです。難民とは戦争や紛争のため、あるいは宗教・思想の相違などのため、外国に逃れ本国の保護を受けいれられない人々のことをいい、亡命者も含まれるそうです。ただし、国境をこえないで国内にとどまっている人々は国内避難民とよばれ、難民とは区別されます。そして、1951年、難民の国際的保護と難民問題の解決のために、難民条約が採択されました。また、この条約を補充するため「難民の地位に関する議定書」が作成されました。しかし、経済的理由によって祖国を離れた人々や国内避難民は対象外とされているため、今後の課題となっているそうです。難民に対する保護活動をおこなう、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に対する期待は大きいそうです。これを勉強して、難民の数が減ったらいいなと思いました。全身脱毛 おすすめ